【玉の大きさが左右で違う】赤ちゃんの睾丸が腫れている【陰嚢水腫】

育児

【玉の大きさが左右で違う】赤ちゃんの睾丸が腫れている【陰嚢水腫】

まず、はじめに

私の息子も1歳になった頃、かかりつけの小児科で「陰嚢水腫」(いんのうすいしゅ)と診断されました。その時に私自身が調べ経験した事をまとめましたので、是非ご活用下さい。

目次

陰嚢水腫とは

陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)とは精巣の周囲に液体がたまって陰嚢(いわゆるたまのふくろ)がふくらんだ状態を言います。生まれたばかりの男の赤ちゃんでは比較的高頻度に認めます。
男児では精巣は胎児期におなかのなかから陰嚢まで下降してきます。

この際におなかの臓器を包んでいるうすい膜である腹膜を陰嚢まで引きずっておりてきます。つまり陰嚢にはおなかの中とつながっている薄い膜がしっぽのようにはいりこんでいて精巣にくっついているわけです。

生まれる頃にこのしっぽの付け根が閉じておなかの中とつながらなくなりますが完全に閉じないであいてるお子さんも多数います。この腹膜のしっぽ(腹膜鞘状突起)のつけ根は鼡径部(ソケイ部)といっておちんちんのすぐわき、足のつけ根の上に位置します。しっぽのつけ根が広くおなかとつながっている場合は腸がしっぽの中に落ち込んできて陰嚢がふくらみます。これがこどもによく見られるソケイヘルニア(脱腸)です。腸が落ち込むほど広くはないけど腹膜鞘状突起とおなかの間に狭い交通があるとおなかの中にある水分が陰嚢に降りてきてたまります。これがこどもの陰嚢水腫です。
つまりこどものソケイヘルニアと陰嚢水腫は形の上では同じものです。

先天的な交通性陰嚢水腫と、後天的な非交通性陰嚢水腫の2種類がありますが、陰嚢(いんのう)が大きくなっている場合は一度泌尿器科専門医を受診しましょう。悪性の病気や、感染症であることもあるので、自己判断は控えましょう。
女児の場合も同じような現象があります。女児の場合は陰嚢がないため、鼠径部に水が溜まる「ヌック水腫」がおこります。

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアとは足の付け根(鼠径部)がポッコリ飛び出す病気です。おなかの中にあるはずの腸管が足の付け根の”すき間”からポッコリ飛び出してくるもので、世の中では(脱腸・だっちょう)と呼ばれることもあります。

この病気は足の付け根の“すき間”のタイプで「こどものタイプ」と「おとなのタイプ」の2つに分けられます。こどもの脱腸の原因となる”すき間”はお母さんのお腹の中にいた胎児期には必要だった”すき間”(内鼠経輪)が生まれてからも残ってしまったものです。

男の子も女の子もみんなお母さんのおなかの中では精巣、卵巣ができるときにその移動と固定のため足の付け根の通り道、(鼠径管・そけいかん)におなかの内臓を包んでいる膜(腹膜・ふくまく)が延びてきます。胎児期にはおなかの中(腹腔)と鼠径管の間に交通(腹膜・ふくまく)(鞘状、しょうじょう)(突起・とっき)ができます。お母さんのおなかの中では赤ちゃんは大きな力をおなかにいれないので交通があっても困りません。精巣、卵巣が定位置に固定されるとこの通り道はいらなくなるので多くは生まれる前に自然に閉じますが、まれに閉じ損なうことがあります。

生まれてからもおなかと鼠径部の交通する袋(腹膜鞘状突起)が閉じないで残っていると、お腹に力を入れたときにお腹の中のもの(腸管、大網、卵巣、卵管など)が袋の中に滑り出てきてしまいます(腹膜鞘状突起がヘルニア嚢になる)。これが「こどものタイプ」の鼠径ヘルニアです。大きな通り道が残っていると生まれてすぐに泣いただけでも脱腸が出現しますが、通り道が小さく残った場合では症状はなかなか出ずに、走り回ってお腹に大きな力を入れるようになる幼稚園児になってから症状が出ることもあります。

発症率はこども100人中2-5人程度です。1クラスにひとりはいるくらいのよくある病気です。

 年を取ってくるとお腹の壁も弱くなるところがでてきます。鼠径部の壁が弱くなり、腹圧に負けるようになるとその”すき間”からやはり腹腔内の内臓が飛び出してきてしまいます。これが「おとなのタイプの」鼠経ヘルニアで、治療法が異なります。まれに中学生になってから鼠径ヘルニアが出現することもありますが、そのほとんどは「こどものタイプ」で、「こどものタイプ」に準じた手術を行ないます。

停留精巣とは

精巣は生まれてくる前に大半は胎児のお腹から陰嚢の袋まで降りてくるのですが、お腹の中でとどまったり、完全に袋の中に収まりきれない場合があります。これを停留精巣といいます。生後1年以内に自然におりてくる可能性(未熟児に多い)がありますので、1歳ころまでは様子を見ることが多いですが、精巣の発育や癌化の可能性からかんがえると、1歳過ぎには手術をすることが望ましいようです。
移動性精巣:一見、片方だけ精巣が袋の中に入っていないように見えてもお風呂の中でリラックスした状態や寝ているときなどは、ちゃんと袋の中に収まっているような精巣をいいます。これは手術の対象ではありませんが微妙な方は病院で検査してください。

診断について

こどもの陰嚢水腫は部屋を暗くして陰嚢に懐中電灯を押し当てると中身が液体ですから陰嚢全体が赤く透けて見えます。ソケイヘルニアでは中に腸や脂肪が入っていて透けません。また極めてまれですが乳幼児の精巣腫瘍もあります。

また陰嚢水腫では陰嚢がふくらんでいても痛がることはありません。痛みがあるときはヘルニアや、細菌感染(精巣上体炎)、精索捻転などを考えなければならないのですぐに病院に行きましょう。

治療について

新生児や乳児の陰嚢水腫はそのまま様子をみて問題ありません。おなか(腹腔)とつながっていますから時々大きくなったり小さくなったりしますが、多くは成長とともに腹膜鞘状突起のつけ根が閉じて腹腔内との交通がなくなり消失します。ただし腸が降りてくるソケイヘルニアに気がついた場合は早期の手術をおすすめします。なぜなら落ち込んだ腸がおなかに戻らないと痛いだけでなく腸閉塞をきたすためです。陰嚢水腫自体が精巣の成長を障害することはありません。しかし3歳頃になっても消失しない場合や大きくなったり小さくなったりを繰り返している場合は手術をおすすめします。これはその頃にトイレットトレーニングが終了して男児も生殖器を意識し始めるからです。

また腹腔内と交通しているわけですから頻度は低いのですがソケイヘルニアを起こす可能性も否定できません。

こどもの陰嚢水腫を見て「水がたまっているから抜きましょう」といって外来で注射針を刺して中身の液体を抜くお医者さんがいます。これは二つの点で行うべきではないと考えます。一つは前述したように陰嚢水腫はおなかと交通しているためにおこるわけですから陰嚢の中の液体を抜いても2~3日もしないうちにおなかから水分が降りてきて元通りになります。もうひとつはこのような外来処置は子どもに強い恐怖を与えます。陰嚢水腫で治療が必要と考えたら手術をおすすめします。

手術について

こどもの陰嚢水腫の手術はソケイヘルニアの手術と同じです。
安全のため小さな手術ですが必ず全身麻酔でおこないます。手術はソケイ部に約2cmの横切開を加えて腹膜のしっぽ(腹膜鞘状突起・ヘルニア嚢とも言います)のつけ根を確認し、そこを切り離して糸でしばるだけです。
腹膜のしっぽ全体をとるようなことはしません。
通常30分以内で終了します。

合併症について

出血や感染はきわめてまれです。
再発は報告がありますが、その場合いわゆる腹腔との交通とは異なる原因で生じていた(感染など)可能性が考えられます。
ただし手術のあと数日間は陰嚢に液体がたまることがあります。これは前述したように腹膜鞘状突起そのものを取り出すわけではないためです。

陰嚢水腫まとめ

1歳から2歳であれば、そのまま経過を観察しているうちに、精巣鞘膜と腹腔との経路が閉じて自然治癒することがほとんどのようですが、3歳まで続くようでしたら手術が必要になりますので、お子様の為にも必ず早めに病院で検査しましょう。