【原因と対処法】赤ちゃんのほっぺが赤い理由は?【スキンケア】

育児

【原因と対処法】赤ちゃんのほっぺが赤い理由は?【スキンケア】

まず、はじめに

私の子供も発熱等の症状がないのにほっぺが赤く乾燥している時期がありました。大丈夫だと安易に考えていましたが、それは大きな間違いでした。肌が乾燥しているということはうるおいが不足してすき間が空いている状態になっており、そこからほこりや汚れ、アレルギーの原因物質が入りこむことで様々な肌トラブルが発症する事を知りました。乾燥は病気の一歩手前の状態です。私が経験した事をまとめましたので、ぜひご活用ください。

目次

赤ちゃんのほっぺが赤い理由は?

赤ちゃんのほっぺが赤くなる理由は、発熱などの病気の他に「お外とお部屋の寒暖差によるもの」、「乾燥」などがあげられます。
寒暖差によるほっぺの赤みは、毛細血管の収縮と拡張が原因で起こります。寒い場所では体温を外に逃がさないように収縮した毛細血管が、暖かいお部屋に入ったことで今度は熱を逃がすために拡張します。この拡張した毛細血管が皮膚から透けて見えることで、ほっぺがまるで赤く染まっているように見えるのです

スキンケアが必要になる場合

スキンケアが必要になる場合は乾燥によるほっぺの赤みです。赤ちゃんの肌は、大人の皮膚の1/2ほどの厚さしかないと言われています。そのため、外からのちょっとした刺激でもお肌が乾燥してカサカサで赤いほっぺになってしまうのです。寒い日は、暖房などをつけているご家庭も多いと思います。暖房は空気をさらに乾燥させることにつながります。
もうひとつ気をつけておきたいのが、暖かい日やお部屋の中で重ね着をしすぎると、あせもの原因になることです。あせもに気づかず放置してしまっていて気が付いたら赤ちゃんのお肌が真っ赤でかゆそう…なんて経験があるママも多いのではないかと思います。

赤いほっぺはカサカサのサイン

ほっぺは他の部位よりも特に皮脂が少なく、幼児期には皮脂の分泌はほぼゼロになってしまいます。そのうえ服に守られることなくさまざまな刺激にさらされるため、とても肌トラブルが起きやすい部位なのです。
赤いほっぺは乾燥により肌が炎症を起こし始めているサイン。しっかり保湿ケアをしてあげましょう。万が一口に入っても大丈夫な低刺激のスキンケアを使えば、顔も安心してケアができます。

赤ちゃんスキンケアまとめ

赤ちゃんのほっぺが赤いのは可愛らしいですが、これは乾燥や皮膚トラブルのサインです。赤ちゃんのお肌を「清潔」に保ちながら、お肌の「保湿」、お部屋の空気の「加湿」の3つに気を付けてしっかり赤ちゃんのお肌を守りましょう。