【予防とケア】妊娠線予防はいつから始める?ケアの方法は?クリーム?オイル?【徹底解説】

妊活&妊娠&産後

【予防とケア】妊娠線予防はいつから始める?ケアの方法は?クリーム?オイル?【徹底解説】

まず、はじめに

妊娠すると、体にはさまざまな変化が訪れます。赤ちゃんの成長を感じられるうれしいものもあれば、妊娠線のようなうれしくない変化もありますよね。

妊娠による急激な体型の変化に、柔らかな肌表面は対応できますが、その下にある真皮や皮下組織がついていけずにパチンと断裂し、皮膚表面に赤紫色の線が浮いてくることがあります。

それが妊娠線です。

妊娠線ができるのは避けられないのでしょうか?
そんなことはありません。妊娠線ができないままお産が終えられるよう、妊娠線ができる原因を知り、しっかりと予防しましょう!

目次

妊娠線の原因は?

妊娠線の原因は主に2つあるといわれています。
そもそも妊娠線とは?
おなかに入ったひびのような線がいわゆる妊娠線です。実は、皮膚の深い部分が裂けてできたものなのです。
皮膚は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つの層からできています。一番外側にある表皮が急激に伸びたとき、表皮ほど伸びない真皮や皮下組織が裂けて亀裂が入ります。その真皮の裂け目に表皮が引っ張られ、でこぼことした妊娠線ができるのです。
皮膚のひび割れのほか、体の中心を走る「正中線」の色が濃くなることもあります。これは、妊娠によってホルモンバランスが変化し、メラニン色素が増えることで起こる現象で、ここで紹介する妊娠線とは別のものです。産後は消えるので安心してくださいね。

妊娠線ができる原因の1つは、皮膚の急激な伸びです。妊娠中は皮下脂肪が急激に増え、週数が進むにつれて子宮も大きくなります。それらの変化によって、皮下脂肪と皮膚の表面との間にある真皮にひび割れが入り、妊娠線となるわけです。
体重の増加は難産にもつながるといいますし、適切にコントロールしておいて損はないでしょう。

そしてもう1つの原因は、コラーゲンの減少です。妊娠するとステロイドホルモンの分泌が増加することにより、コラーゲンが減少します。コラーゲンが減少すると肌の弾力が失われ、亀裂が生じやすくなり、妊娠線ができやすくなります。
さらに、秋冬は空気の乾燥、暖房の影響によってお肌の内部の潤いやハリを保つ成分がお肌から流出。乾燥が進むとハリと弾力が低下するので、より妊娠線ができやすくなってしまうのです。
秋冬の出産の方だけでなく、妊娠中は妊娠線ケアはしっかりとしていきたいものですよね。

妊娠線ができないまま妊娠後期に入り、臨月を迎えたとしても、油断は禁物です。妊娠後期~出産まではお腹が特に大きくなり、疲れも出やすい時期ですが、だからと言ってそこでケアを怠ってしまうと、急に妊娠線ができてしまう可能性があります。赤ちゃんは生まれる直前1ヶ月で一気に大きくなるため、臨月は妊娠線ができやすい時期でもあるのです。また、出産時にいきんで力を入れたり、出産後にバストが張ったりすることが妊娠線に繋がることもあります。

妊娠線予防クリームとオイルの違い

妊娠線予防クリームは、「バランスの良い油分と水分の配合」で、オイルは、「油分と保湿」です。
オイルは、油膜の効果から高い保湿効果が期待できます。また、皮膚の温度が上がりやすくなるのでマッサージの際に重宝されます。しかし、人によっては、オイルのテクスチャーが気になったり、特有の匂いが気になったりする場合があります。
クリームは、バランスよく油分と水分が配合されています。マタニティケア用に特化した製品を使用するのが良いです。特に、クリームは様々な製品が各メーカーから販売されています。その内容は製品ごとに異なるので、自分の体質に合った製品を選ぶ必要があります。ですので、「巷で話題だからいい!」ということではなく、自分の体質をしっかりと把握して、向き合いながら使用するようにしてください。

妊娠線予防のクリームのマッサージと正しい塗り方

予防クリームは人肌に温めてから、おなか全体と妊娠線ができやすい部分に、優しく馴染ませるように塗り込みます。くるくると円を描くようにマッサージするのがコツです!
ただし、「おなかが張っているな」と感じた時には無理にマッサージを行ってはいけません。
マッサージは基本、入浴後に行うのが良いです。しかし、朝のケアや乾燥を感じるタイミングでのプラスオンケアもとても大切です。毎日のこまめな予防ケアが最も大切です。

しかし、いくつかの注意点があります。

・体質に合わせる
妊娠中は、以前までとは体質が変化することがあります。それまで使っていた保湿剤に違和感を感じたら、すぐに別のクリームを試すようにしましょう。

・過度な体重増加
つわりが終わると食欲が増します。食欲が戻ることと同時に赤ちゃんの成長も相まって、体重が急激に増加してしまうことでしょう。
しかし、それは妊娠線を発生させる原因にもなってしまいます。
少しずつ体重を増やしていくように心掛けましょう。しかし、妊娠線を気にするあまり栄養不足になる事態は避けてください。

・適度な運動
赤ちゃんや健康に差し支えない適度な運動はとても大切です。軽いウォーキングなど妊婦さんにもできる運動を心掛けましょう。筋肉量の低下は妊娠線に影響します。

妊娠線の予防とケアの方法

妊娠線いつからケアすればいい?
おなかが大きくなる妊娠6カ月ごろは、妊娠線のできやすい時期です。おなかが大きくなりはじめる前からケアしておくことが大切なので、妊娠4カ月ごろから妊娠線予防のケアをスタート。肌の乾燥を防ぐことが大切なので、クリームやオイルで保湿しましょう。
妊娠4、5カ月からつけ始める人も多い妊婦帯も妊娠線予防のひとつの手段。おなかをしっかりと支えることで、皮膚が急激に伸びるのを防いでくれますよ。

体重が急激に増加しないように気をつける
妊娠中ですから、体重が増えるのは当たり前。しかし、妊娠中だからこそ体重が急激に増えて妊娠線ができてしまうのです。
つわりがおさまり、食欲が出てくる妊娠5カ月ごろは要注意です。これまで食べられなくてつらかったのはわかりますが、好きなだけ食べていては急激な体重増加につながり、妊娠線ができてしまいます。赤ちゃんの成長は喜ばしいですが、ママ自身が成長しすぎないように気をつけましょう。

オイルやクリームでマッサージする
妊娠線ができる原因のひとつに皮膚の乾燥が挙げられます。妊娠線ができる前のサインとして、皮膚が引っ張られることによるかゆみを感じることもあるのだとか。妊娠線ができる前にしっかりと保湿しましょう。

妊娠線ができやすい部分は、おなかのほかにおしりや腰回り、乳房など。おなかが大きくなると、下腹部やおしりの下のほうが自分では見づらくなります。鏡でチェックしたり、家族にケアを手伝ってもらいましょう。

お風呂上がりにケアすると、保湿成分がお肌に浸透しやすいのでおすすめ。妊娠中は肌が敏感になることも多いので、マタニティ用のアイテムを使うと安心です。毎日しっかりとケアして、やわらかいお肌を保ちましょう。
※お腹が張るときは、マッサージを控えてください。

産後のケアで妊娠線は消える?
残念ながら断裂した皮膚が元に戻ることはなく、一度できた妊娠線が消えることはありません。しかし、しだいに目立たなくなってきます。
妊娠中のまんまるなおなかに妊娠線を見つけたとき、それは赤や紫色をしていたはず。これは毛細血管が透けて見えるせいで、できたばかりの妊娠線である証拠です。それから日がたつにつれ、色は白へと変化。皮膚のでこぼこはそのままですが、できたばかりのころほどは気にならなくなります。
美容系の皮膚科でレーザー治療を受けて目立たなくすることもできますが、元通りにはなりません。肌が乾燥すると妊娠線が目立つことがあるので、しっかりと保湿しておきましょう。

妊娠線のまとめ

妊娠線は妊婦さんにとって多くの方に共通するお悩みだと思います。妊娠中も産後も気持ちよく人生を楽しむのに妊娠線予防は大切なファクターだと思います。

一度できてしまった妊娠線は残念ながら消えることはありません。しかし、時間がたてば赤味は引き、ケアしだいで目立たなくなるので気に病むことはありませんよ。

もし妊娠線ができてしまっても、それは「母親の勲章」です。生まれてきた赤ちゃんはママの大きなおなかを見ることはできませんが、妊娠線によってその名残を知ることができます。赤ちゃんが大きくなったら、「ママのおなかのなかであなたが大きくなった証拠だよ」と、見せてあげてくださいね。