【乳児湿疹】赤ちゃんの湿疹に悩まされている方へ【原因と症状と予防方法と治し方】

育児

【乳児湿疹】赤ちゃんの湿疹に悩まされている方へ【原因と症状と予防方法と治し方】

まず、はじめに

赤ちゃんの肌は「すべすべ」「ツルツル」「もちもち」「プルプル」などの」表現があるように、理想的な肌というイメージがありますが、実は意外にトラブルも多いものです。生まれてすぐにできる乳児湿疹に戸惑うママやパパも多いかもしれません。今回は乳児湿疹の原因と症状と予防方法と治し方を詳しく解説します。

目次

乳児湿疹とは?

新生児から乳児期にかけてできる湿疹を総称して乳児湿疹といいます。生後1~2週間ほどからが多く、生まれてすぐからできることもあります。プツプツとした湿疹ができる「新生児ニキビ」や、うろこ状のかさぶたができる「乳児脂漏性湿疹」、夏場に多い「あせも」などがあります。

乳児湿疹の原因 

湿疹の主な原因は、ホルモンの影響により、皮脂分泌が過剰になり毛穴が小さいのですぐに皮脂がつまるためです。
ですが、さまざまな原因が複合して症状が出ている場合が多いので、ひとつに特定することは難しいものです。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違い

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は症状が非常によく似ているため、見分けがつきにくいことがあります。

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下することなどによって皮膚に慢性的な炎症を生じ、皮膚にかゆみを伴う湿疹を引き起こす病気です。アトピー性皮膚炎による湿疹は乳児性湿疹と同じくさまざまな形状のものがあります。しかし、かゆみはアトピー性皮膚炎の方が強く生後2~3ヶ月頃から頭や顔の湿疹が始まり徐々に広がっていくことが多いです。肘の内側、足の付け根、膝の裏側など全身に発症するのが特徴です。

乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も基本的には、まずはスキンケアを行い、症状の度合いによっては外用薬(ステロイド剤)が使われますので、治療方法は同じです。しかし、アトピー性皮膚炎は気管支喘息などアレルギーによって引き起こされる病気を合併することがあるため、慎重に経過をみていく必要があります。

乳児湿疹を予防する方法とは?

湿疹ができやすいところを清潔に保つ
乳児湿疹の原因は皮脂の過剰分泌であると言われているため、皮脂が溜まりやすい部位はしっかり洗浄して清潔な状態を保つようにしましょう。皮膚のしわをよくのばして、よく洗いましょう

・こまめな保湿ケアを行う
生後3か月を過ぎると赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなり、乾燥が湿疹の原因になることも少なくありません。赤ちゃんでも使用できる保湿ケア用品を使用して、赤ちゃんの肌を潤すようにしましょう。

・室温や体温を調節して汗の過剰分泌を避ける
赤ちゃんは汗をかきやすく、それが皮膚の炎症を助長して湿疹を引き起こすことがあります。室温や服装をうまく調節して汗の過剰分泌を防ぐようにしましょう。

乳児湿疹の間違った対処方法

・ゴシゴシ洗いはNG!
湿疹がある部分をゴシゴシ洗うと、刺激を受け肌荒れや乾燥の原因になり、余計に皮脂が分泌される原因です。

・湿疹を放置するのはNG!
湿疹を放っておくとかゆみや炎症がひどくなり、肌を掻き壊す、かゆみで機嫌が悪くなり眠れないといった体調不良につながる場合もあります。

症状がひどくなる前に、早めにケアを始めましょう。

乳児湿疹の種類と治し方

・新生児ニキビ
ニキビは赤ちゃん全体の約20%に見られます。通常は数ヶ月で自然に治ります。見た目は吹き出物や毛穴の皮脂、小さな発疹といった感じです。そして「稗粒腫」と呼ばれる白いニキビが、鼻やあごを中心に顔全体に現れます。しかし、かゆみはなく、赤ちゃんがむずがることはありません。未発達の汗腺や、妊娠時のホルモンが原因であり、処置をしなくても消えていきます。
ほとんどの赤ちゃんニキビは自然に治癒しますが、状態が深刻だったり心配な場合は、専門家に相談するようにしましょう。

・皮膚の剥がれ
最初の数日間に赤ちゃんの肌がわずかに剥がれていることに気付くかもしれません。特に手のひらや足の裏、足首に見られますが、これはごく普通の状態です。特に予定日を過ぎて生まれた場合に生じますが、数日たてば消えていきます。軟膏や保湿剤を使うべきかどうか、専門家に相談しましょう。

・乳児脂漏性湿疹
頭部皮膚炎や脂漏性の皮膚炎が見られる赤ちゃんもいます。これは頭皮や眉毛に固い、またはうろこ状の炎症が見られる状態です。これもよく見られる症状です。最初の数週間のうちに始まり、その後数週間から数ヶ月続きますが、8~12ヶ月になる頃には完全に治まります。
赤ちゃんの頭皮のフケを取りたい時は、保湿剤やベビーオイルをフケのついた頭皮に優しく塗り込み、皮膚を柔らかくします。数分待ってから、優しくフケを取り除きます。そして赤ちゃん用の優しいシャンプーで洗ってあげます。

・あせも
汗が肌にとどまることにより、その汗が刺激となって炎症が起きるとあせもになります。首の周りや背中、おしりなど汗をかきやすく、むれやすいところにできます。かゆいために、ひっかいてキズができたりすると細菌感染を起こし、とびひになることがあります。あせもができやすい子は、予防するためにエアコンなどで少し涼しい環境にしてあげること、通気性のよい服などを着せ、こまめに着替えをさせてあげましょう。温めのお湯で拭いてあげたり、行水をするのも効果的です。以前はベビーパウダーも用いられていましたが、かえってそれが刺激になったり、パウダーを気管に吸い込んだりする危険もあるため使われなくなりました。

・おむつかぶれ
おむつかぶれとは、おむつと直接触れている肌の部分が炎症を起こして真っ赤になったり、ポツポツと小さな赤い湿疹ができたり、皮膚がただれたりする症状をいいます。
症状が悪化すると、おしり全体が真っ赤になったり、皮膚のただれた部分から血が出てしまうこともありますので頻繁におむつを取り替えたり交換時におしり拭きシートを使わずに、おしりをシャワーや洗面器にお湯をいれて洗い流してあげるのが効果的です。

乳児湿疹まとめ

乳児湿疹は、だいたいがしっかりとスキンケアや予防をすることで良くなります。しかし、中にはなかなか治らなかったり、悪化してしまったりすることもあります。その場合はアトピー性皮膚炎のように塗り薬での治療が必要になるため、お近くの小児科、皮膚科の先生に診てもらいましょう。