【ハーフバースデー】生後6ヶ月の祝い方と由来【ありがとうの気持ちを届けよう】

育児

【ハーフバースデー】生後6ヶ月の祝い方と由来【ありがとうの気持ちを届けよう】

まず、はじめに

生後6ヶ月を迎える赤ちゃんをお祝いするのが「ハーフバースデー」です。この頃にはたくさんの成長が見られるようになります。寝返りを打てるようになったり、よく笑うようになったり、人の顔がわかるようになったりなど、大きな成長が目に見えて表れてきます。その成長に「感謝の気持ち」を届けるためにみんなで楽しく素敵な記念日にしましょう。

目次

ハーフバースデーの由来とは?

ハーフバースデーは、アメリカやイギリスで、長期休暇中(夏休み)で学校がお休みの時期に誕生日を迎える友達がお祝いをしてもらえないということで、誕生日の半年前もしくは半年後にお祝いをしよう、という風習が由来になっているそうです。
それが日本では、生後6か月にお祝いをするイベントとして広まったのです。日本でハーフバースデーを行うタイミングとしては、生まれてから6か月後になります。

なぜハーフバースデーをお祝いするの?

なぜ生後6ヶ月のお祝いをする必要があるのと思われる方がいるかもしれませんが、その頃には寝返りをしたり、人見知りをするようになったり、離乳食が始めるなどたくさんの成長が感じられる時期です。

また大好きなパパやママの顔をみて喜んだり、あやすと笑ったりといった動作もみられるようになるのです。

見た目の成長も目覚ましいものがあります。

乳歯が生え始めたり、腕や足・頬がぷくぷくしたりと、生まれたころの写真と見比べると、見違えるほど大きくなっているのです。
ハーフバースデーはそんな赤ちゃんの成長を家族みんなでお祝いできる良い機会です。
パパやママだけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんなども呼んで素敵な記念日にしましょう。

ハーフバースデーの祝い方

写真館で記念撮影
撮影をプロに任せられるので、よりきれいな仕上がりの写真になります。さらに、ママやパパは赤ちゃんの最高の表情を引き出することに集中できたり、家族写真も撮れるので、よりステキな記念になります。忙しくて準備できない場合は、衣装なども貸してくれる写真館も多くあるのでお手軽です。 割安になる撮影キャンペーンなどもチェックするといいでしょう。

ママやパパの要望を最大限対応してくれる写真館を選ぶのが大事です。どんな衣装やグッズを貸してくれるのか、逆に自宅から衣装などの持ち込みは可能なのかなど、事前にきちんと確認しましょう。料金設定なども写真館によって異なるので、予算に合わせて賢くチョイスをましょう!
ハーフバースデー|こども 赤ちゃん写真撮影ならスタジオアリス
こども写真館スタジオアリスのホームページです。ハーフバースデー用の写真撮影を受け付けています。

ハーフバースデー写真 | 子どもの記念撮影ならhappilyフォトスタジオ
こども写真館 happilyフォトスタジオのホームページです。写真だけでなく撮影時の自然体な家族の動画も撮影してくれるそうです。

ハーフバースデープレミアムセット:こども 赤ちゃん写真館・フォトスタジオのスタジオマリオ
こども写真館スタジオマリオのホームページです。ハーフバースデープレミアムセットというハーフバースデー用撮影のパッケージがあります。

はるとくんのハーフバースデイ動画

はるとくんもスタジオアリスでハーフバースデイのお祝いの記念撮影をしましたので、ぜひこちらの動画もご覧ください。

離乳食バースデイ(ケーキ)生後6ヶ月の赤ちゃんは、まだ食べられる食材や調理方法などが限られていますが、離乳食初期の赤ちゃんでも食べる事ができる離乳食でハーフバースデーをお祝いしてみましょう。

ハーフバースデイを迎えた生後6ヶ月頃は、離乳食初期にあたります。「おかゆ」からスタートし、かぼちゃ・にんじん・かぶ・大根・玉ねぎなど、なめらかな野菜を食べている時期です。魚(白身魚の一部を除く)、肉、卵、乳製品などは食べることはできません。いきなり新しい素材を使うことはせず、食べなれた食材を使いましょう。

お祝いに「HALF」や「1/2」を使って飾る場合や、フルーツなどを半分に切ったものを飾る場合が多く見受けられます。ハーフバースデーのデコレーションポイントには、どんなものがあるのでしょうか。

「HALF」や「1/2」など、離乳食のプレートに文字を書く場合は、食材を絞り袋に入れてたり、小さなスプーンを使って文字を書きます。細かい部分は爪楊枝を使ったり、修正は綿棒で拭き取ったりするとキレイに仕上げることができます。

離乳食ケーキのレシピは、クックパッドや、楽天レシピなどに数多く紹介されているので、参考にしても。また、ハートなどの抜き型やクリーム絞り袋などを使ってかわいく飾ったり、キュートなプレートに盛り付けたり、オシャレな食事エプロンをつけてもステキな記念に。離乳食をキレイに盛り付けたことに満足してしまうと、つい写真撮影を忘れがち。撮影準備も万端にしましょう。何より、赤ちゃんが全部食べてくれることよりも、家族でお祝いを楽しむことを大切にしましょう。
・部屋に飾りをつけて記念撮影
キュートな布やぬいぐるみなどを使ったり、カラフルな折り紙をアレンジして飾りつけて記念写真を撮影する手もあります。普段過ごす自宅での撮影なら、赤ちゃんの自然な表情が引き出しやすいでしょう。手軽に飾りつけたいなら、お祝い用グッズを入手しても◎。「6カ月おめでとう」と書いたボードなども加えて撮影すれば、2つとない成長記念に。赤ちゃんに布製の王冠をかぶせたり、紙おむつなどの簡単なグッズでディスプレーをしてもステキです。

かわいくお部屋を飾ったら、ぜひその前で写真撮影を。部屋全体に飾り付けをすると、どうしても印象が薄くなってしまうので、1カ所メインとなる場所を決めて、スタジオ風の撮影スポットを作るのがおすすめです。ベビーチェアに座らせたり、お座りをさせたりすることが多いので、飾りは低めにすると撮影しやすいです。

ハーフバースデーのプレゼントはどうする?

気になるのが「ハーフバースデーのプレゼントって、いくらくらいのものを用意するのがちょうど良いんだろう?」という疑問ですが、これは主役の赤ちゃんとの関係性によっても少しずつ変わってきます。

まずは家族だけでハーフバースデイをする場合はお子様が喜ぶプレゼントを一緒に買いに行くのも良いですし、事前にお好きなものを購入しても良いと思います。

次に赤ちゃんが自分の孫の場合、プレゼントの金額は3,000~5,000円やそれ以上でも問題ないケースが多いですが、友達の赤ちゃんのハーフバースデーにお呼ばれする場合は、あまり高い金額のものを選ぶと逆に気を遣わせてしまう可能性もあります。

本当に気持ち程度の1,000円~でも十分喜んでもらえるはずですので、これまでのプレゼントのやり取りも思い返しながら予算を決めていきましょう。

ハーフバースデーまとめ

近年定着しつつあるハーフバースデー。成長が分かりやすい時期なので、生後6か月は赤ちゃんの変化を記録するのに最適なタイミングです。この機会に素敵なお祝いや記念撮影をして、お子様が成人して幸せな節目を迎えたときに、皆さんで思い出を振り返った時とても素敵なイベントになること間違いなしです。大切な我が子にご両親からの愛を確かに感じ取ってもらえるはずです。