【国際結婚】国籍・戸籍はどうなるのか?苗字は変わるのか?【徹底解説】

国際結婚

国際結婚】国籍・戸籍はどうなるのか?苗字は変わるのか?【徹底解説】

まず、はじめに・・・。

外国人との「国際結婚」を考えている人が、最初に疑問に思うことは、
「結婚したら、国籍や戸籍はどうなるんだろう?」
結婚後の「苗字」はどうなるの?

気になっていませんか。

私も中国人女性との国際結婚をしているので、私の経験をもとに皆さんの疑問に思っていることを分かりやすく伝えたいと思いますのでぜひご活用下さい。

目次

1.結婚後の国籍について

日本人男性と外国人女性が結婚した場合
この場合はとても分かりやすいです。
・日本人男性・・・日本国籍のまま
・外国人女性・・・外国籍のまま
国籍の手続きは必要ありません。

日本人女性と外国人男性が結婚した場合
日本人の女性が外国籍の男性と結婚する場合は、バリエーションが沢山あり複雑です。
相手の国によって、つぎの1~3のケースが存在します。

1)手続きは不要の場合
2)場合によっては手続きが必要の場合
3)かならず手続きが必要の場合

それぞれどんな流れになるのか、確認していきましょう
1)一番シンプルなのはこちらです。
・外国人男性
⇒ 外国籍のまま
・日本人女性
⇒ 日本国籍のまま
この場合、国籍についての手続きは、特に必要ありません。

2) 男性の国籍がフランス、タイなどの場合。
・外国人男性
⇒ 外国籍のまま
・日本人女性
この場合、何も手続きをしなければ女性は日本国籍のままです。
日本国籍のままでいい人は、手続き不要ということになります。

一方、「パートナーの国の国籍を取得したい」という人は、結婚後に「意思表示の手続き」が必要です。

ただし、
パートナーの国の国籍を取得すると同時に、女性の日本国籍は失われることになります。
意思表示の手続きは国によって方法が違うので、知りたい人はパートナーの国の大使館・領事館へ問い合わせをしてください。

3)男性の国籍がスイス・イランなどの場合。
・外国人男性
⇒ 外国籍のまま
・日本人女性
自動的に外国籍を取得しますが、日本国籍も保持。
このとき、女性は2つの国籍を持つ「二重国籍」になります。

スイス・イランなど、一部の国の男性と日本人女性が結婚すると、日本人妻は、その国籍を付与されてしまいます。いわゆる二重国籍です。

日本では「二重国籍」が認められていないので、女性はどちらかの国籍を選ばないといけません。
かならず手続きが必要、ということですね。

具体的には、「国籍選択届」という書類を、結婚から2年以内に提出する必要があります。
国籍を選択しないままでいると、法務大臣から「国籍を選択してください」という通知が来ます。
それでも手続きを放っておくと、なんと日本国籍を失ってしまうことに…なりますのでご注意下さい。
かならず「国籍選択届」を提出するようにしましょう。

2.戸籍はどうなるのか?

外国人パートナーについては、日本での戸籍は作れません。
その代わり、日本人の戸籍に、外国人パートナーの情報が追加されます。

具体的に言うと、戸籍の「身分事項」欄の「婚姻」という所に、パートナーの氏名・国籍・生年月日が書かれます。

ちなみに、この「日本人の戸籍」とは、「結婚する本人が『筆頭者』である戸籍」のこと。

「筆頭者」とは、戸籍の中で一番はじめに名前がくる人のことです。
・・・と言ってもよく分からないと思うので実際に見ていきましょう。

<結婚前の戸籍>
結婚する前の戸籍は以下のようになっています。
1、本籍地・・・親の本籍地です。
2、氏名(戸籍筆頭者)・・・父親か母親の姓名です。
3、生年月日・・・本人の生年月日です。
4、父・・・父親の姓名です。故人でも記載されます。
5、母・・・母親の名です。故人でも記載されます。
6、続柄・・・父母との続柄で、長男・二女などと記載されます。これで性別が判断されます。
7、名・・・本人の名が記載されます。
8、配偶者区分・・・未婚の場合は空欄です。

外国人との婚姻を日本の役所に届け出ると、新たに、日本人である夫または妻が「戸籍筆頭者」となって、親から独立した戸籍が作られます。新しい戸籍は以下のようになります。

*本籍地・・・海外に住む人でも、日本国内に本籍地が必要です。本籍地はどこにしてもかまいませんが、通常は親の住所か元の本籍地にしておく人が多いようです。

*氏名(戸籍筆頭者)・・・日本人の夫または妻の姓名が入ります。

*配偶者区分・・・本人で、「夫」または「妻」と記載されます。

*身分事項欄・・・自分の出生届の記載が最初に書かれ、その後に外国人配偶者との婚姻事実が記載されます。記載される内容は、婚姻届出の年月日・外国人配偶者の国籍・氏名・生年月日です。

外国人配偶者の名前は、姓・名の順で、基本的にカタカナで記載されます。アルファベットは使えません。漢字を使用する国に限っては、漢字の記載も認められていますが、日本の正字に限られており、自国で使っている俗字は使用できません。

カタカナの場合、ミドルネームはファーストネームの後に続けて記載されます。中黒やスペースは入りません。

たとえば、ジョン・マイケル・デイビッドさんの場合には、姓がデイビッド、名がジョンマイケルとなって、「デイビッド、ジョンマイケル」と戸籍には記載されます。

国際結婚の場合、婚姻届を出しただけでは、日本人の戸籍上の姓は変わりません。配偶者の外国姓にしたい場合は、婚姻届と同時に、同じ役所に別途、「氏の変更届」を提出する必要があります。もし、遅れた場合でも、6ヶ月以内であれば、いつでも受付てもらえます。ただし、6ヶ月を過ぎてしまいましたら、今度は家庭裁判所の許可が必要です。

『外国人の住民票』
平成24年7月に施行された、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」により、外国人住民にも住民票が作成されることになりました。国際結婚をした日本人は、外国人である配偶者と一緒に、世帯全員が記載された住民票の写しが取得できることとなりました。そして、平成25年7月からは、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)及び住民基本台帳カード(住基カード)についても運用が開始されました。これに伴って、従来の外国人登録法は廃止されました。

住民基本台帳制度の適用対象者は、観光などの短期滞在者を除いた、適法に3ヶ月を超えて在留する外国人で、住所を有する人です。

主な区分は2つで、「在留カード」交付対象者である、「中長期在留者」及び入管特例法により定められている「特別永住者」です。特別永住者には、「特別永住者証明書」が交付されます。

3.苗字はどうなるのか?

苗字を日本戸籍上のままにするケースと外国籍パートナーの苗字に変更するケースでは手続きが異なります。

【日本名をそのままにするケース】
変更届を出さなければ日本国籍上の苗字のままです。
またパスポートには()内に外国籍パートナーの苗字を付けることもできます。
子どもが生まれた場合には、出生届を外国姓で登録しても、子どもの日本戸籍上は日本の苗字となり、2つの姓を持つこととなります。
国際結婚カップルの多くは、こちらの方法をとっていて、いわゆる夫婦別姓が認められています。

【日本戸籍上の苗字を変えるケース】
婚姻届とともに、結婚後6ケ月以内に在外日本大使館または領事館で変更手続きをします。
この場合、苗字の戸籍表記はカタカナになります。
6ケ月以降過ぎてしまうと、日本の家庭裁判所で手続きが必要となりますが、時間もかかりとても手間がかかります。
苗字の変更を検討している場合には、6ヶ月以内に手続きしたほうがよさそうです。

4.国際結婚まとめ

国際結婚をしたときの、国籍・戸籍・苗字についてお届けしました。
パートナーの国籍によって、用意する書類や手続きのパターンが違うことには注意しましょう。
戸籍は、パートナーの分はできない代わりに、日本人側の戸籍にパートナーの情報を書いてもらえます。
苗字は、基本的には日本名のまま。
変更したい人は、6ヶ月以内に役所へ届け出、ということでしたね。
他にも疑問があれば、市区町村の役所や、パートナーの国の大使館・領事館に尋ねてみるのが一番ですよ。