【知らなきゃ損する】産休・育休中にボーナスは貰えるのか?

妊活&妊娠&産後

【知らなきゃ損する】産休・育休中にボーナスは貰えるのか?

まず、はじめに

産休や育休中にボーナスが近づいてくると支給されるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
仮に育休中にボーナスを貰えた場合、育休手当や出産手当金の受給額にも影響するのでしょうか?

目次

産休・育休中にボーナスは支給されるのか?

結論からお伝えすると産休・育休中にボーナスがもらえるかどうかは、勤めている会社の就業規則により異なります。
そもそもボーナスは、給料とは違って、法律で支払いを義務付けられたものではありません。会社と従業員の合意のもと、自由に決められるものです。
会社にボーナス制度があれば、勤めている会社の就業規則の内容を参照しましょう。

育休中にボーナスが貰えない理由

ボーナスがもらえる、もらえないは会社により異なりますので、勤めている会社の就業規則の中の【賞与の支給条件】を確認してください。

産休・育休中のボーナス支給額はどんな基準で決まる?

ボーナスには、支給額を決めるための評価期間があります。会社によっては査定期間や対象期間などと言ったりしますが、呼び名が違うだけで同じことです。

夏と冬の1年に2回ボーナスがあるときは、評価期間も1年に2回です。この評価期間の全てが産休・育休中で休業だった場合、ボーナスがもらえないケースが多いです。給与計算の基本は「働いた人に賃金を支払う」ですから、もらえなくても仕方がないということになります。

ただ、会社によっては評価期間に休業していても支給されるケースがあるので、こちらもやはり、勤めている会社の就業規則を確認しましょう。

育休中にボーナスをもらうと育休手当に影響する?

結論から言えば、ボーナスをもらっても育児休業給付金は減りませんので心配いりません。
育児休業給付金の算定は毎月の給与を基に計算されているので、会社独自の制度であるボーナスの額は無関係となります。

育休中にボーナスを貰った場合の課税や控除はどうなるのか?

「産前産後休業保険料免除制度」を申請すると、育休中の保険料は免除されますが、育休中のボーナスは保険料が免除されるので、健康保険料と厚生年金保険料はかかりません。
健康保険料と厚生年金保険料は比較的高額なので、ボーナスから天引きされないのは嬉しいポイントと言えます。

●保険料
育児休業中は、毎月の給料から引かれる健康保険料と厚生年金保険料は免除されます。社会保険料の免除手続きは会社が手続きを行いますので、会社の指示に従い対応しましょう。

●所得税
育休手当には所得税は課税されませんが、育休中のボーナスには通常の給与と同じように所得税がかかります。
ただし、給与とは所得税の算出方法が違います。
育休中は前月の給与がゼロの場合があるので、ボーナスの所得税は前月の給与を基に算出されます。ボーナスから所得税が徴収されていることを確認しておきましょう。

●雇用保険料
ボーナスには雇用保険料はかかります。一般的な職種の場合、保険料率は3/1000となり、雇用保険料は金額×3/1000で算出することができます。
雇用保険は健康保険等と違って免除制度がないのが残念ですが、それほど高額ではないので育休中も雇用保険料を納めましょう。

●年末調整
年末調整は産休・育休中に入る前に会社が行うことが多いです。会社によっては対応が異なる場合があるので年末調整の前に会社に確認しておくと安心です。

産休・育休中ボーナスのまとめ

ボーナスがもらえる、もらえないは会社により異なりますので、就業規則の中の【賞与の支給条件】を確認しましょう。
ボーナスの支給で育休手当がもらえなくなることは無いので安心してください。