【最新版】肌に優しいおむつおすすめ5選【お肌の弱い赤ちゃん必見】

育児

お肌の弱い赤ちゃんのために

肌に優しいおすすめおむつTOP5をご紹介します。赤ちゃん用おむつの通気性やサイズの選び方や、新生児でも使えるモレない・かぶれない人気のおむつをまとめました。アトピーの赤ちゃん用おむつを探している方や、どれを買えばいいかわからない新米ママ・パパも必見です。ぜひご覧下さい!

まずはじめに・・・

赤ちゃんが生まれると、すぐにでもおむつは必要です。

しかし、一口におむつといっても、種類が多くどれにすればよいのか迷うことは多いでしょう。

新生児用のおむつは幅広いメーカーから販売されており、メーカーごとに特徴は異なります。

赤ちゃんによって体型や体質が異なるため、どれがおすすめかは一概に決まっているわけではありません。
特に肌の弱い赤ちゃんはオムツかぶれになりやすく、ママ・パパはどのオムツが一番子供にあっているのかで迷っているのではないでしょうか。

私の子供もオムツかぶれが酷く、どのメーカーの。どの種類のオムツが良いのかでいろいろ迷いました。

しかし、いろいろ試しようやく我が子に合った最適なおむつにたどり付くことが出来ました。
その迷いがなくなるようにおすすめオムツをまとめましたので、我が子に適したおすすめのおむつを、メーカーごとの特徴の違いや選び方のポイントを知り、最適なおむつを見つけて下さい。

目次

おむつの選び方

おむつを選ぶ際には、何を基準にするかが重要です。
おむつを選ぶ基準は大きく「肌触り」「吸収力」「使いやすさ」「フィット感」の4つが挙げられます。
数ある特徴の中でも特に何を重要視したいかを考え、おむつを選ぶことが大切です。

肌触りの良いものを選ぶ

肌触りのよさは、赤ちゃんのお肌を守るための大切なポイントです。
赤ちゃんはスベスベもちもちの肌をしていますが、柔らかいために傷つきやすく、少しの擦れでも赤くなったり血が出たりすることもあります。
特にお尻の肌は柔らかく薄いため、肌触りのソフトさを考えるなら、硬さのある紙おむつは避けたほうが無難でしょう。
また、赤ちゃんは生後すぐでもよく動くため、足回りのギャザーの柔らかさにも注目が必要です。
赤ちゃんの肌質によっても異なりますが、敏感肌の場合は特に肌触りには注意しなければなりません。
傷から炎症を起こしたりかぶれになったりする可能性もあるため、大人の基準ではなく、赤ちゃんの柔らかい肌を基準におむつの肌触りを考えましょう。

吸収力の高いものを選ぶ

新生児だと排泄物の量はそれほど多くはありませんが、日によって大きく変化するため注意が必要です。
いつもは量が少ない子でも、食べ物や環境が変わることで量が変化することは多く、うんちも固形ではなく液体に近い状態で排出されることもあります。
また、常に赤ちゃんを気にかけ素早くおむつ交換ができるならよいですが、すぐには交換できない場合にも、周囲に漏れ出さない吸収力は重要です。
吸収力が低いと排泄物が漏れ出てしまい、服やシーツなど洗濯物が増えるデメリットがあります。
また、吸収しきれないことでおむつ内に湿気がこもり、かぶれの原因にもなりかねません。
お肌をサラサラに保ちかぶれを防ぐためにも、吸収力は重要視する必要があるでしょう。

使いやすいものを選ぶ

赤ちゃんのことを考えておむつを選ぶのは大切ですが、取り換えることも考えた使いやすさを重視するのも大切です。
おむつの取り換えは大変な作業で、1日に何回も行わなければなりません。
大変な作業を繰り返すだけでも負担ですが、時には周囲を気にして素早く取り換えなければならないこともあります。
おむつが濡れたままだと赤ちゃんは泣いてしまうことも多く、出先で静かにしなければならない、あるいは夜間で近所に迷惑をかけてしまうと心配することもあるでしょう。
プレッシャーのある中でおむつを交換するのはいつも以上に大変なため、使いやすさも子育てのストレスや負担を軽減するためにも大切と言えます。
何をもって使いやすさと考えるかは人によって違いますが、「伸縮性が高く、着脱がしやすい」「脱げづらく履き直させる必要がない」などが挙げられます。
使いやすさに何を求めるかは異なりますが、自分にとって使いやすい機能であること、赤ちゃんへの負担が少ないことの2点をポイントに考えましょう。

赤ちゃんの体型に合ったものを選ぶ

新生児用のおむつには実はサイズがあり、赤ちゃんの体型に合わせたものを選ぶことも大切です。
「赤ちゃんは小さく、ふっくらした体型」とイメージする人も多いでしょうが、体型には個人差があり、同じように見えても実は違っています。
おむつはフィット感も重要であり、サイズが合っていないと擦れて肌が傷つくことや、おしっこやうんちが漏れてしまうこともあります。
基本的にはS,M,Lなどのサイズ展開ですが、同じサイズでもメーカーごとに大きさが少しずつ異なるため注意しなければなりません。
複数試して最もフィットするメーカーを探す必要がありますが、おむつを販売するメーカーは多いため、本当にフィットするものを探すのは難しいです。
サイズ展開が複数あるなら、どのメーカーでもある程度フィット感を出すことは可能です。
全部の商品を試すよりも他の条件である程度選択肢を絞り込み、そこから赤ちゃんに合わせたサイズを探すのがよいでしょう。

肌の弱い赤ちゃんおすすめ5選

肌に優しいおむつは数多くのメーカーが販売しており、結局どれがよいのかわからないと悩む人は多いでしょう。

有名なメーカーなら多くの人が愛用しているため、品質の高さは信用できますが、必ずしもすべての赤ちゃんに適しているとは限りません。

赤ちゃんによっておむつは相性があり、どれがよいかは個人差が大きいです。

おむつの選び方を頭に入れながらどのような商品があるのかを知り、赤ちゃんに合った最適なおむつを見つけましょう。

ナチュラルムーニー オーガニックコットン

オーガニックコットンとは、2~3年以上農薬や合成化学肥料を使っていない畑で、農薬や合成化学肥料を使わずに栽培された綿花のこと。そんなオーガニックコットンを配合していたり、「無添加&弱酸性」シートを使用していることなどから、素材に対してとても安心感があるというママが多数いらっしゃいました。
※Lサイズは非搭載
柔らかい肌触りの「オーガニックコットン配合表面シート」で、生まれたての赤ちゃんのお肌に安心です。

「無添加#&弱酸性」仕様のシートが赤ちゃんのお肌をやさしく包みます。

凹凸構造のゆるうんち吸収ゾーンがゆるうんちをしっかりキャッチし、ゆるうんちによる肌かぶれの一因が減って、赤ちゃんのお肌に安心です。

乾燥肌でとてもデリケートな肌もしっかり守れます。

パンパース オムツはじめての肌へのいちばん

『パンパースのはじめての肌へのいちばん』は、病産院でも幅広く使われているのが特徴です。

10年以上も病産院に選ばれている最高級の品質で、通気性抜群のメッシュシートでムレを防いでお肌快適です。

特に抜群の吸収力はパンパースだけの最新技術で、産まれたての赤ちゃんのゆるゆるウンチをメッシュで何層も使って吸収してくれるので、漏れることもなく、お尻も荒れにくいです。

新生児の頃から肌が弱くオムツかぶれが酷い方、こちらをおすすめします。

メリーズパンツ さらさらエアスルー

メリーズの「さらさらエアスルー」のテープタイプおむつには、3000gまでと5000gまでという2種類の新生児用サイズのほか、S・M・Lという合計5種類のサイズがあります。サイズごとに仕様や形状を少しずつ変え、月齢に合わせた快適性を追求することで、赤ちゃんの成長に長く寄り添います。

そんな「さらさらエアスルー」のテープタイプおむつ最大の特長といえば、なんといっても、まるでおむつが呼吸しているかのような高い通気性です。

頻繁におしっこをする赤ちゃんのおしりをムレから守るために、3層のエアスルー設計で空気の通り道を作り、嫌なムレをすばやく追い出してくれます。

肌に触れる部分に「ふわぽこエアリーメッシュ」を採用することで、面ではなく点で肌と触れるため、そのすき間に空気が通るよう工夫されています。

また、すぐれた吸収力で朝まで漏れず、快適な眠りを実現しています。赤ちゃんの動きに合わせてズレてしまわない高い伸縮性を保ち、なおかつ締め付けないやさしいフィット感で赤ちゃんに余計なストレスを与えません。

何度でも貼り直せる丈夫なテープや、おしっこを知らせてくれるサインなど、慣れないママにとってもうれしい仕様が満載です。

パンパースオムツさらさらケア

パンパースの「さらさらケア」は、テープタイプのおむつで、抜群の吸収力、パンパースの最新技術でうすくて、モレにくい。
サイズは一般的なS、M、Lのほか、「ビッグサイズ」と「ビッグより大きいサイズ」があり、赤ちゃんの成長に合わせておむつ離れまで長く使えます。
最長12時間さらさら吸収で、赤ちゃんの大切な眠り「ゴールデンスリープ」をじゃましない様に工夫された、新しい「パンパース」です。朝までずっと、お肌さらさらの紙おむつです。
エンボス加工でやさしく包む、パンパースだけの「1枚多いシート」で、もっとすばやくさらさら!朝までぐっすりです。2倍のびる「のびのびストレッチテープ」は、動くたびに伸び縮みして、おなかまわりにぴったりフィット。背中のスキマも安心です。
通気性のいいコットンシートが、ムレを逃がして赤ちゃんのお肌は快適です。

ムーニーマン エアフィット

ユニ・チャームの「ムーニーマン エアフィット」は、着脱が簡単なパンツタイプの紙おむつです。

サイズはSサイズ、寝返りからはいはいまで使えるMサイズ、つかまり立ちから使えるMサイズ、L、ビッグサイズ、ビッグより大きいサイズ、スーパービッグと、実に7種類ものサイズを展開しています。Lサイズ以降は男の子用と女の子用があり、性別に合わせて選ぶことができます。

また、成長に合わせて仕様も少しずつ変わり、その時その時で最適な使い心地を提供してくれます。

たとえばSサイズや、はいはいまで使えるMサイズではうしろ側に「ゆるうんちポケット」を備え、低月齢期特有のゆるいうんちが背中から漏れるのを防いでくれます。

つかまり立ちから使えるMサイズやLサイズなど、大きめのサイズでは「あんしんロングガード」を採用し、内ももにフィットするガードが縦の動きをサポートし、赤ちゃんがどれだけ動いても隙間から漏れないよう工夫されています。

ほかにも全サイズ共通の「ふんわりぴたりギャザー」が肌にやさしくフィットし、全面通気シートが空気を通してムレや湿気を防ぎます。もちろんどのサイズも高い吸収力を備えているので、寝ている間も安心です。

おむつのおすすめから最適なものを見つけよう

おむつは生まれてすぐに必要で、ひとりでトイレができるようになるまで長期間必要です。

メーカーごとにおむつの種類は違い、赤ちゃんによっても体型や体質、肌質、成長の速度が異なるため、それぞれに合ったものを選ばなければなりません。

赤ちゃんに合わせたおむつを選ぶことで、肌へのダメージや漏れやかぶれを防ぎ、育児の手間やストレスも軽減できます。

自分の使いやすさはもちろん、赤ちゃんに合ったものを選ぶことを意識して、おすすめを参考に最適なおむつを見つけましょう。