【最新完全保存版】1歳までのお祝い行事スケジュール

イベント

【最新完全保存版】1歳までのお祝い行事スケジュール

生後7日目:お七夜(おしちや)

赤ちゃんの産まれた翌日を1日目として、7日目にあたる日のお祝いです。赤ちゃんの誕生以来の無事を喜び、親戚を招いて祝宴を開きます。また、赤ちゃんの名前を決めてお披露目する「命名式」もこの日に行われるのが一般的です。

出生届

出生届は、誕生の日から14日以内に出生地かパパママの本籍地のある自治体に届けます。医師・助産師等が作成した出生証明書と母子手帳、国民健康保険証、印鑑をもって、パパかママ、または同居の家族が届けます。

生後1か月目:お宮参り(おみやまいり)

赤ちゃんの健やかな成長を願って、産土神(うぶすながみ/赤ちゃんの産まれた土地の神様)にあたる神社へお参りします。ご両親と父方の祖父母が付き添うとされていますが、現在は母方の祖父母が付き添うこともあるようです。赤ちゃんには、お祝い用の衣装である産着(祝着)を着せます。「初宮参り」、「産土参り」ともいわれます。

生後100日目:お食い初め(おくいぞめ)

赤ちゃんが一生食べるものに困らないようにという願いを込めて、祝膳を用意し、料理を食べさせるまねをする儀式です。祝膳の内容や食べさせ方は地方によってさまざまですが、尾頭つきの魚・赤飯・煮物・酢の物か漬け物・紅白の餅・吸い物(汁物)に加えて、石のように固いものでも食べられるようにと神社の境内から授かる「歯固め石」などが見られます。「百日祝い(ももかいわい)」ともいわれます。

生後6か月目:ハーフバースデー

赤ちゃんが最初の誕生日まで半分(ハーフ)にあたる、生後6か月を迎えたお祝いです。もともと海外の習慣で、最近になって日本でもお祝いする人が増えてきました。特に決まった行事はありませんが、お誕生日と同じように家族でパーティを開いたり、記念撮影をしたりすることが多いようです。

はるとくんのハーフバースデイ動画

はるとくんもスタジオアリスでハーフバースデイのお祝いの記念撮影をしましたので、ぜひこちらの動画もご覧ください。

生後初の3月3日(女の子):初節句(はつぜっく)
生後初の5月5日(男の子):初節句

赤ちゃんの誕生後初めての節句のお祝いが「初節句」です。
男の子は5月5日の「端午の節句」、女の子は3月3日の「桃の節句(ひなまつり)」に祝いますが、生後1~2ヶ月で節句の時期がきてしまうような場合には、翌年の節句に行うのが通例のようです。

初節句は赤ちゃんの成長を喜び、将来の健康と幸せを祈るお祝いです。「端午の節句」には武者人形、よろいかぶとを飾り、こいのぼりをあげ、かしわもちやちまきなどを用意します。地方によって昌蒲を軒にふいたり、皮膚病の予防になり邪気を払うという言い伝えのある昌蒲湯を沸かすところもあります。

「桃の節句」にはひな人形とともに、ひしもち、白酒、桃の花や菜の花などを飾って祝います。よろいかぶとやひな人形などは、昔は母親の実家から贈られるのがしきたりでしたが、いまは誰が贈っても間題はありません。住宅事情もあり、部屋が狭い場合も多いので、女の子なら夫婦びな、男の子ならかぶとだけでも十分です。

当日は簡単なホームパーティーなどで祝います。初節句にいただいたお祝いにはお返しは特に必要ありませんが、お礼の手紙や子どもの写真などを送って感謝の気持ちを伝えましょう。

生後1年目:初誕生(はつたんじょう)

赤ちゃんが初めての誕生日を迎え、1歳になることをお祝いするものです。一生分の食べ物になぞらえた「一升餅」を用意するのですが、地方によってその一升餅を赤ちゃんに背負わせる、踏ませるなど、さまざまな祝い方が見られます。
また、赤ちゃんの適性や将来を占う「選び取り」もよく行われます。そろばん(商いに長じる)、筆(研究や文筆、絵画に長じる)、財布(お金に困らない)などの意味を託した小物を赤ちゃんの周りに置き、最初に興味を示したり、一番長い間触っていたりしたものが“向いている”というわけです。

まとめ・・・

いつの時代も親から子へ、子から孫へと受け継がれてきた大切な行事です。
子供の健康や将来のことを願う気持ちはいつの時代も変わりません。
一生に一度しかない大切な行事をお祝いしましょう。